エンジンオイル

UMCオイルとは

ドイツWAGNER社が製造する十数種類のセラミックを使用したエンジンオイル添加剤 モリブデン・PTFE(フッ素)系の添加剤と異なり耐熱温度が高く(3000℃)燃えてスラッジとなることがない エンジンオイルに5%添加することにより効果を発揮する ドイツで20年の販売実績を持ち工業用にも広く使用されている

マイクロセラミックの力

静粛性の付与

十数種類のマイクロセラミックの中には金属に付着するものがあり、エンジンの金属部分に付着し表面にセラミック膜を形成します。セラミック膜により金属同士の摩擦は急激に減り、ノイズが減少します。

オイル寿命の延長

マイクロセラミックの分解温度は3000℃と非常に高く、 モリブデン・PTFEと異なり燃えてスラッジとなることがありません。十数種類のセラミックの中には液中に漂い、不純物を分散する作用を持つものがあるため常にエンジンオイルを清浄に保ちます。

パワー/トルクアップ

マイクロセラミックが金属表面に皮膜を形成し、オイル中の不純物を分散させることにより、エンジンの気密性が増し、圧縮力の向上が起こります。

燃費の向上

上記の気密性向上・不純物の分散により、エンジン内部の燃焼効率が上がります。

ワグナー社概要

代表取締役 ヴァルター・ワグナー (Walter Wagner)
設立 1994年
登録場所 ドイツ バイエルン州、アウグスブルグ
企業コンセプト

● エネルギー・燃料節約商品の開発並び販売

● 各顧客のアプリケーションに合った化学品・添加剤の開発

◆ メルセデスモータースポーツ社と契約

モータースポーツの為の添加剤と特殊潤滑剤の開発

◆ イエーノオプティック社

天文台、ミラー望遠鏡の調整駆動用乾式セラミック潤滑剤の開発

◆ INDEX社

工作機械・CNC旋盤のセンタリングチップの製造に使用

◆ HansSchlotter

ドイツ・オートバイ元チャンピオン・高性能セラミック添加剤の提供

◆ PanasonicTMディスプレイドイツ

テレビスクリーン用セラミックチェーン接着剤の開発

◆ メチェル社

従業員8万人のロシア大手鉄鋼企業・工場内生産設備の摩擦低減部署の改善

◆ チェルパイプ社

肉厚18〜40mmパイプの切削・及び工場内生産設備の摩擦低減部署の改善

 

ドイツをはじめとしたヨーロッパ、ロシア、トルコ、イラン、アメリカに於いて、工作機械・車全般・電子機器 ・エンジン部品・原子力プラント・建設エネルギー・接着剤製造・光学機器・レーザー&材料加工金属 ・エンジニアリング・農業機械・食糧・エネルギー・採鉱・建設・軍事関連・運輸・OIL関連等OEMにて約700社の 企業とNDAを結びカスタマイズドで製品開発

wagner
Copyright(c) 2018 株式会社サクシード(succeed) All rights reserved.  presented by camomille / camonavi